国際開発センターについて

About IDCJ

国際開発センターの概要

国際開発センター(IDCJ)は、1971年に財団法人として設立された開発・国際協力分野の総合的なシンクタンクです。調査、研究、研修を柱として、政府開発援助(ODA)に関する政策や事業の形成、実施、評価に携わってきました。経済界が中心となって設立され、初代会長には経団連会長を務めた土光敏夫氏が就任しました。現会長も経団連企業行動・CSR委員会の二宮雅也委員長が兼務しています。

2010年には一般財団法人に移行し、同年、子法人として株式会社国際開発センターを設立しました。それを機に、受託調査を含むコンサルティング事業と人材育成事業を移管しました。株式会社国際開発センターは、2018年8月の時点で76名の研究員を抱えており、専門とする分野は行財政、地域開発、社会開発、農業開発、産業開発、運輸交通、評価など多岐にわたっています。

JICA、省庁から受託する国際協力関連調査やプロジェクトの実施が主たる業務であり、研究員の活動地域はアジア、アフリカ、中南米など世界各地の開発途上国に広がっています。開発途上国の社会経済の事情に精通する専門家を擁する日本でも屈指の組織です。

所在地 108-0075 東京都港区港南1-6-41 芝浦クリスタル品川12階
設立年月日 一般財団法人国際開発センター2010年4月1日
株式会社国際開発センター2010年12月6日
(旧法人:財団法人国際開発センター1971年2月15日)
設立目的 調査研究、人材養成、国際交流等を行い、国際協力・社会経済開発に寄与する
SDGsに関するビジネス・レポーティング ゴールとターゲット分析 無料ダウンロード
メールマガジン
よくあるご質問
メールでのお問い合わせ
03-6718-5932
[ 受付/平日10:00〜17:00 ]
ページの先頭へ