NEWSニュース

GRIスタンダード(共通スタンダード)改定案が公開されました

2020.07.16

2019年3月より準備が進められていたGRI共通スタンダード(100番台)の改定案が、開発期間を経て6月11日にGRIのウェブサイト上で公開されました。改定案は現在パブリックコメントを受け付けています。締め切りは9月9日までとなっています。パブリックコメント終了後は、2021年上半期中に改定版共通スタンダードが発表される見込みです。

改定案全文(英文:共通スタンダード部分のみ)は下記のサイトで入手可能です。

https://www.globalreporting.org/standards/work-program-and-standards-review/review-of-gris-universal-standards/

また、弊センターでは「GRIスタンダード改定案概要説明」と「GRIスタンダード改定案(新101)和訳(非公認仮訳)」の二つの資料を作成いたしました。本ページからダウンロードいただけますのでこれもご参照ください。

<ダウンロード用資料>

弊センターのGRIスタンダード認定研修については下記サイトをご覧ください。

https://www.idcj.jp/sdgs/service/service_03/


改定案のご案内

今回の共通スタンダードの改定案は、項目別スタンダード(200~400番台)や、新たに導入されるセクタースタンダードの利用にも関係します。GRIスタンダードに準拠、参照するサステナビィリティ報告書を作成し、運用するプロセスに大きな影響を与えます。そのためこの改定案について、現時点で主要点をご案内させていただきます。 今回の改定案のポイントは次の四つに整理されます。

 1.構造上の変更

 2.利用上の変更

 3. 原則/定義の変更

 4. 開示事項の変更


1.構造上の変更


2. 利用上の変更


3.原則/定義の変更


4.開示事項の変更

ニュース&セミナーTOPへ戻る